香川

アライグマの農業被害が深刻化 2500万円損失

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アライグマ=香川県提供
アライグマ=香川県提供

 アライグマによる農業被害が香川県内で深刻化している。2015年度の被害額は約2500万円で、初めて被害が確認された04年度は獣害の被害額全体の0.2%だったのが、1割以上を占める。住宅に住み着いて家屋に被害を及ぼすこともあって県は駆除に力を入れるが、被害は高止まりしている。【岩崎邦宏】

 「収穫の前にやられて困っている。とにかく駆除してほしい」。綾川町のブドウ農家、長尾弘さん(84)は頭を抱える。初めて被害を受けたのは7、8年前だ。ブドウが熟れる7月ごろ、ネットをすり抜けてビニールハウスに入られ、実を食べられた。深夜に見回りをしても、毎年150房ほどが駄目になる。綾川町でのブドウを含めた被害額は15年度、県内最多の約1600万円だった。

 アライグマは北米原産のアライグマ科の動物。全長60~100センチで可愛らしい顔が特徴だ。しかし狂犬病などの媒介動物とされ、「特定外来生物」にも指定されている。日本には1980年ごろにペットとして輸入されたが、逃げたり捨てられたりして各地で繁殖。1頭当たり3~5頭の子を産み、繁殖力が高い。県内でも島しょ部を除く全域で生息しているが、生息数は分かっていない。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文1026文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集