メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香川

アライグマの農業被害が深刻化 2500万円損失

アライグマ=香川県提供

 アライグマによる農業被害が香川県内で深刻化している。2015年度の被害額は約2500万円で、初めて被害が確認された04年度は獣害の被害額全体の0.2%だったのが、1割以上を占める。住宅に住み着いて家屋に被害を及ぼすこともあって県は駆除に力を入れるが、被害は高止まりしている。【岩崎邦宏】

 「収穫の前にやられて困っている。とにかく駆除してほしい」。綾川町のブドウ農家、長尾弘さん(84)は頭を抱える。初めて被害を受けたのは7、8年前だ。ブドウが熟れる7月ごろ、ネットをすり抜けてビニールハウスに入られ、実を食べられた。深夜に見回りをしても、毎年150房ほどが駄目になる。綾川町でのブドウを含めた被害額は15年度、県内最多の約1600万円だった。

 アライグマは北米原産のアライグマ科の動物。全長60~100センチで可愛らしい顔が特徴だ。しかし狂犬…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです