メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

大阪府、小学校認可担当の懲戒処分見送りへ

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校建設計画を巡り、大阪府が認可申請に関わった職員に対する懲戒処分を見送る方針を固めたことが分かった。6日午後にも発表する。当時の担当職員などに聞き取り調査をした結果、手続き上の問題はなかったと結論付けた。ただ、上司への適切な報告を怠っていたとして、当時の担当者数人を懲戒処分に当たらない訓告や厳重注意などにとどめる方針。

 府の私立小設置審査基準は学校用地を原則「自己所有」と定めるが、財務省近畿財務局と森友側が2016年に国有地売買契約を締結する前の14年10月以降、府私立学校審議会(私学審)の審議が始まっていた。これらの点に問題がないか内部調査を実施。松井一郎知事も処分を検討することを示していた。

この記事は有料記事です。

残り168文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです