教育無償化

小泉氏「こども保険」説明 議論本格化へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党は5日、教育無償化に向けた財源確保に関する特命チーム(主査・馳浩前文部科学相)の役員会を開き、小泉進次郎農林部会長が「こども保険」について説明した。党内には「教育国債」を発行する案もあり、政府が6月にもまとめる経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に向け、教育の財源論が本格化する。

 こども保険は、小泉氏が率いる党の「2020年以降の経済財政構想小委員会」が提言した。厚生年金などの保険料を現行より上乗せし、小学校就学前の「幼児教育」を無償化する財源…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文579文字)

あわせて読みたい

注目の特集