メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

対応さらに重要性増す 北朝鮮ミサイル発射

北朝鮮を取り巻く関係国の立場

 【ワシントン会川晴之、林哲平、北京・河津啓介】北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、6、7日に開催されるトランプ米大統領と中国の習近平国家主席との初めての首脳会談では、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応がさらに重要性を増すことになった。トランプ氏が「中国による圧力強化」を求めるのは間違いないが、習氏は「対話による解決」を強調するとみられ、具体的な成果があるかは見通せない。

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです