米中首脳会談

対応さらに重要性増す 北朝鮮ミサイル発射

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮を取り巻く関係国の立場
北朝鮮を取り巻く関係国の立場

 【ワシントン会川晴之、林哲平、北京・河津啓介】北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、6、7日に開催されるトランプ米大統領と中国の習近平国家主席との初めての首脳会談では、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応がさらに重要性を増すことになった。トランプ氏が「中国による圧力強化」を求めるのは間違いないが、習氏は「対話による解決」を強調するとみられ、具体的な成果があるかは見通せない。

この記事は有料記事です。

残り1588文字(全文1772文字)

あわせて読みたい

注目の特集