メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア化学兵器

安保理が緊急会合開催 サリンの可能性

米英仏、アサド政権に調査受け入れ求める決議案採択目指す

 【ニューヨーク國枝すみれ、ブリュッセル八田浩輔】シリア北部イドリブ県で行われた化学兵器を使用したとみられる空爆に関し、国連安全保障理事会は5日午前10時(日本時間同日午後11時)過ぎから緊急会合を開催した。猛毒のサリンが使われた可能性があり、常任理事国の米英仏は、化学兵器使用を非難しアサド政権に調査受け入れを求める決議案の採択を目指す。

 安保理議長国・米国のヘイリー国連大使は4日、英仏両国の要請を受けて緊急会合開催を決めたと明らかにし…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  3. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  4. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです