メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

大岡信さん死去、86歳 詩人「折々のうた」

大岡信さん=2008年11月、武市公孝撮影

 現代日本を代表する詩人で、古今東西の詩を論じた著作でも親しまれた大岡信(おおおか・まこと)さんが5日、呼吸不全のため死去した。86歳。葬儀は近親者で営む。後日お別れの会を開く予定。喪主は妻で劇作家の深瀬サキ(ふかせ・さき、本名・大岡かね子=おおおか・かねこ)さん。

 静岡県三島町(現三島市)に、歌人の父・博の長男として生まれた。旧制沼津中(現沼津東高)在学中から短歌や詩を書き始め、リルケや立原道造に傾倒した。旧制一高、東大国文科ではエリュアールらのフランス詩や新古今和歌集の影響を受け、本格的な詩作を開始。1952年、雑誌「赤門文学」に発表した評論が中村真一郎の推奨で注目を集めた。

 大学卒業後、読売新聞外報部記者の傍ら旺盛な創作を進め、川崎洋、茨木のり子らの詩誌「櫂(かい)」に参…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文856文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです