防犯

愛知県警が痴漢加害側を調査 「下見しない」86%

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 狙う相手が多く人目のない路上で実行し、逃げられたら諦める--。愛知県警が子どもや女性に対する声かけ、つきまとい、痴漢などをしたり、しようとしたりした人に初めて聞き取り調査を実施したところ、こんな傾向が浮かび上がった。新学期を迎え、県警は2015年から行っている小学生向け体験型防犯教室などの啓発活動に、調査結果を反映させていく方針。

 県警によると、全国の警察で「加害側」を対象にこうした調査をした例はないという。

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1095文字)

あわせて読みたい

注目の特集