侍ジャパン

次期監督選考、経験者から意見聴取へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

日本野球協議会の侍ジャパン強化委員会

 プロ・アマ合同による日本野球協議会の侍ジャパン強化委員会は5日、日本代表「侍ジャパン」の次期監督選考などについて話し合い、過去の五輪、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の監督経験者から継続的なチーム強化支援策や次期監督の人選などについて意見を聞くことを決めた。

 委員長を務める日本野球機構の井原敦事務局長によると、面談で意見を求めるのは、五輪では野球が正式競技として実施された1992年バルセロナ大会から2008年北京大会まで、WBCは06年第1回から今年3月の第4回大会までの歴代監督経験者。

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文426文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集