特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京五輪

会場は車いす席不足 既存施設の8割で指針未満

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京五輪・パラリンピック会場(既存施設)の車いす席の比率
東京五輪・パラリンピック会場(既存施設)の車いす席の比率

組織委が50項目数値基準策定も

 2020年東京五輪の既存会場のうち、座席が常設されている会場の8割で、車いす席数が大会組織委員会の定めるバリアフリー化の指針を満たしていないことが分かった。パラリンピックの会場はすべて指針を満たしていなかった。毎日新聞が既存会場の管理者を対象に行ったアンケートや取材で判明した。専門家からは「スポーツ施設で障害者の受け入れが遅れていることを示す結果だ」との指摘が出ている。

 組織委は昨年1月、国際パラリンピック委員会(IPC)のガイドラインを参考に、東京大会の競技会場のバリアフリー化の指針「Tokyo2020アクセシビリティ(利用しやすさ)・ガイドライン」のうちハード面の基準を決めた。法的拘束力はないものの、車いす席数など約50項目の数値基準を設けた。

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文864文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集