メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

山田火砂子監督「母 小林多喜二の母の物語」 母の目で描く反戦

映画「母 小林多喜二の母の物語」のメガホンを取った山田火砂子監督=大阪市天王寺区で、長尾真希子撮影

 「蟹工船」で知られるプロレタリア文学作家・小林多喜二とその母セキ(寺島しのぶ)の生涯を描いた映画「母 小林多喜二の母の物語」が8日からテアトル梅田で公開される。メガホンを取った山田火砂子監督(85)は、「母の目を通して描いた反戦映画。我が子を失った母の悲しみや愛情の深さ、平和への思いを知ってほしい」と訴える。

 三浦綾子の小説「母」が原作。多喜二は、戦前の治安維持法下に投獄され、特高警察の拷問を受け、29歳の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです