メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

「持続可能なまち」へ 生活再建へ伴走型支援 名取市・山田司郎市長(53) /宮城

山田司郎市長

 災害公営住宅(復興住宅)の完成率が2月末時点で3割にとどまり、県内で最も進捗(しんちょく)率が低い名取市。市は3月、津波で壊滅的な被害を受けた閖上地区で整備する復興住宅の一部を、内陸に移転させる計画を断念した。復興が遅れる中、市はどのようにまちづくりを進めていくのか。昨年7月に初当選した山田司郎市長に復興の現状や今後の目標などを聞いた。【聞き手・川口裕之】

 --復興の進捗状況をどう見ますか。また課題は何ですか。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1384文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです