メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年を語る

「持続可能なまち」へ 生活再建へ伴走型支援 名取市・山田司郎市長(53) /宮城

山田司郎市長

 災害公営住宅(復興住宅)の完成率が2月末時点で3割にとどまり、県内で最も進捗(しんちょく)率が低い名取市。市は3月、津波で壊滅的な被害を受けた閖上地区で整備する復興住宅の一部を、内陸に移転させる計画を断念した。復興が遅れる中、市はどのようにまちづくりを進めていくのか。昨年7月に初当選した山田司郎市長に復興の現状や今後の目標などを聞いた。【聞き手・川口裕之】

 --復興の進捗状況をどう見ますか。また課題は何ですか。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1384文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  2. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 徴用工問題 財団での救済案浮上も文在寅政権は消極姿勢崩さず
  5. トランプ大統領「貿易交渉で大きな進展」 ゴルフ・昼食時に首相と協議か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです