メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

紀伊フード記

春編/3 タケノコ 食感柔らか、上品な味 /和歌山

色の白さと柔らかな食感が特徴の和歌山市山東地区のタケノコ=阿部弘賢撮影

 春の味覚の代名詞、タケノコ。県内で主要産地の和歌山市山東地区では収穫シーズンを迎えた。市内にあるJAの広見橋集荷場にはその日掘り出されたばかりの新鮮なタケノコが持ち込まれる。

 「粘土質の赤土で育つ山東のタケノコは、色が白く、食感は柔らかで、えぐみも少ない」。山東地区で100年以上続くタケノコ農家の3代目、矢出春良さん(71)は山の約30アールの土地でタケノコを生産する。

 自生しているものを収穫するように思われがちだが、矢出さんは手間ひまをかけて生産している。霜が早く解…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文541文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. WEB CARTOP 歴代ファンも納得の中身! 新型スズキ ジムニーの先行情報が公開
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]