メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それでもここに生きる

/3 熊本地震1年 「橋の開通待ち遠しい」 南阿蘇村河陽・阿南理恵さん(64) /熊本

行き止まりの先でも「茶庵とちのき」は営業中。これからの新緑の季節はまた景色が格別になる。「ぜひここまで足を運んで」と阿南さん

 昨年7月1日から飲食店「茶庵とちのき」の営業を再開しました。国道325号と県道299号の交差点に「通行止め」の看板が置かれていますが、お店は看板からさらに400メートルほども先です。

 熊本地震の本震では店内の棚からコーヒーカップやグラス、お皿などが落ち、ほとんど割れました。山崩れなのか、阿蘇大橋の崩落なのか、あの音は今も忘れません。地震後は避難所で10日ほど過ごしました。

 エアコンが使えなくなりましたが、建物に大きな被害がなかったのが幸いです。水道も6月中旬に役場が応急…

この記事は有料記事です。

残り544文字(全文782文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです