メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

サルー・ブライアリーさん=25年ぶりに母と再会、半生が映画化

サルー・ブライアリー(Saroo Brierley)さん(35)

 手を取った時、「触った感覚」で25年離ればなれだった“まぶたの母”と分かった。「やっと会えたという達成感と、あまりに長い間離れていた喪失感が混ざり合った」

 インド中西部カンドワの母子家庭に生まれた。5歳の時、忍び込んだ列車で眠ってしまう。目が覚めると、列車は走り出していて、約1600キロ離れたインド東部のコルカタまで運ばれた。

 少年は孤児院に入り、オーストラリア人夫婦に引き取られる。「子供心にも、もう親に会えないと分かってい…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文688文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです