特集

第76期本因坊戦

本因坊文裕=井山裕太九段=に芝野虎丸王座が挑戦する第76期本因坊決定戦七番勝負に関する特集ページです。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

囲碁

本因坊戦挑戦リーグ 本木が初挑戦 21歳8カ月

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本木克弥七段
本木克弥七段

 第72期本因坊戦リーグ(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催)は6日、最終7回戦が東京の日本棋院、大阪の関西棋院で一斉に打たれ、本木克弥七段(21)が勝ち、本因坊文裕(27)=井山裕太九段=への挑戦を決めた。本木は本因坊戦初挑戦で、7日付で八段に昇段する。21歳8カ月での挑戦決定は69期の伊田篤史八段(23)=20歳0カ月、56期の張栩九段(37)=21歳2カ月=に次ぐ年少記録だ。

 単独首位に立っていた本木はこの日、黄翊祖八段(29)に146手で白番中押し勝ちし、6勝1敗と星を伸ばした。本木は群馬県出身、藤沢一就八段門下、日本棋院東京本院所属。2011年、プロ入りした。本木は「できるだけ早くタイトル戦に出たいと思っていた。力を出しきれるよう頑張りたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文790文字)

【第76期本因坊戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集