メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁

本因坊戦挑戦リーグ 本木が初挑戦 21歳8カ月

本木克弥七段

 第72期本因坊戦リーグ(毎日新聞社、日本棋院、関西棋院主催)は6日、最終7回戦が東京の日本棋院、大阪の関西棋院で一斉に打たれ、本木克弥七段(21)が勝ち、本因坊文裕(27)=井山裕太九段=への挑戦を決めた。本木は本因坊戦初挑戦で、7日付で八段に昇段する。21歳8カ月での挑戦決定は69期の伊田篤史八段(23)=20歳0カ月、56期の張栩九段(37)=21歳2カ月=に次ぐ年少記録だ。

 単独首位に立っていた本木はこの日、黄翊祖八段(29)に146手で白番中押し勝ちし、6勝1敗と星を伸ばした。本木は群馬県出身、藤沢一就八段門下、日本棋院東京本院所属。2011年、プロ入りした。本木は「できるだけ早くタイトル戦に出たいと思っていた。力を出しきれるよう頑張りたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文790文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです