メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

扉ほぼ全開で2.4キロ走行 けが人なし

 京阪電鉄は6日、出町柳発淀屋橋行き準急電車(7両)が1カ所の扉をほぼ全開にしたまま、橋本(京都府八幡市橋本中ノ町)-樟葉(枚方市楠葉花園町)両駅間約2.4キロを走行したと発表した。けが人はなかった。同社は「心配と迷惑をかけ、深くおわびします」と謝罪している。

     同社によると、同日午前11時40分ごろ、5両目の一つ目の扉が故障で閉まらなくなった。車掌は「安全は確保されている」と運転指令に報告し、5両目に約20人を乗せたまま発車。車掌は発車後、扉付近に立って乗客が近寄らないようにし、電車の速度を通常より遅くしたという。乗客は次の樟葉駅で後続に乗り換えた。

     同社広報部は「本来なら開いた扉にロープを張り、発車時から乗務員が警戒しなければならず、あってはならない危険な状態だった」と説明している。【根本毅】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 退位 「皇太子」称号に難色 秋篠宮さま意向で見送り
    2. 英爆発 観客悲鳴、出口に殺到…首に熱風、人倒れ
    3. 共謀罪 衆院を通過 自公維賛成で可決
    4. 喫茶店 「思い出と共にあり続けます」 閉店前「喫茶トップ」大泉さんが来店 /北海道
    5. 考・皇室 社会を映す/2 悠仁さまの皇位継承、見据え 人権への制約重く 秋篠宮さま「自然体で」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]