メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京阪電鉄

扉ほぼ全開で2.4キロ走行 けが人なし

 京阪電鉄は6日、出町柳発淀屋橋行き準急電車(7両)が1カ所の扉をほぼ全開にしたまま、橋本(京都府八幡市橋本中ノ町)-樟葉(枚方市楠葉花園町)両駅間約2.4キロを走行したと発表した。けが人はなかった。同社は「心配と迷惑をかけ、深くおわびします」と謝罪している。

     同社によると、同日午前11時40分ごろ、5両目の一つ目の扉が故障で閉まらなくなった。車掌は「安全は確保されている」と運転指令に報告し、5両目に約20人を乗せたまま発車。車掌は発車後、扉付近に立って乗客が近寄らないようにし、電車の速度を通常より遅くしたという。乗客は次の樟葉駅で後続に乗り換えた。

     同社広報部は「本来なら開いた扉にロープを張り、発車時から乗務員が警戒しなければならず、あってはならない危険な状態だった」と説明している。【根本毅】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 愛媛県文書 安倍首相、15年の加計理事長との面会否定
    2. 愛媛県文書 加計氏との面会否定 安倍首相の発言全文
    3. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
    4. 加計問題 獣医学部「首相『いいね』」 15年に理事長に
    5. 加計学園 「うそは他人を巻き込む」 中村知事が反論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]