里見まさとさん

英語で「戦艦大和」語り部…ザ・ぼんち

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
戦艦大和について英語で語る会を開く漫才師の里見まさとさん=大阪市中央区で、山田夢留撮影
戦艦大和について英語で語る会を開く漫才師の里見まさとさん=大阪市中央区で、山田夢留撮影

 太平洋戦争末期の1945年4月7日、沖縄への出撃途中に撃沈された戦艦大和の悲劇を広く知ってもらおうと、漫才コンビ「ザ・ぼんち」の里見まさとさん(64)が、英語での語り部に挑む。元乗組員に話を聞き、3年前から50カ所以上で演じた自作の講談を「戦争は、勝者も敗者も幸せにならないと『勝った側』にも伝えたい」と英訳。18日、大分県内で留学生らに披露する。「いつか沖縄の米兵にも聴いてほしい」と願う。

 戦時中に召集され、旧満州(現中国東北部)で戦闘に加わった父の体験を聞いて育ち「戦争には理性も道徳もなく、人間を変えてしまう。二度とやってはいけない」と考えていた。3年前、大和の元乗組員の八杉康夫さん(89)=広島県福山市=に体験を聞いた。「映画などでは大和もやり返し、壮絶に戦ったかのように描かれるが、実際はやられ放題。あっという間に撃沈され、多くの若者がオイルの海に沈んだ。3056人もの命が無駄…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文867文字)

あわせて読みたい

ニュース特集