養育里親

「育てる役割」担い手に関心を…男性コメント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 家庭の事情で親元で暮らせない子どもの養育里親に、大阪市から認定された市内在住の男性カップルの一人が6日、報道各社にコメントを出した。男性は「家庭を必要とする子どものために『育てる役割』の担い手になる関心を持ってもらいたい」と記し、里親制度への理解を求めた。

 大阪市は昨年12月、30代と40代の男性を養育里親に認定。コメントした男性は里親制度について「子どもがほしい大人のための制度ではなく、育つ家庭を用意する子…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集