メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

登山届

未提出の男性に過料5万円 条例罰則初適用 岐阜

 岐阜県は6日、登山届を提出せず北アルプスを登山した男性1人に対し、県山岳遭難防止条例違反の疑いで過料5万円を科したと発表した。2016年12月に罰則規定を施行して以降、適用は初めて。

 県防災課によると、男性は3月上旬、岐阜・長野両県にまたがる西穂高岳(2909メートル)を登山届を出さずに登った。男性は遭難し、警察に救助された。処分決定は今月3日付で、過料の支払いは確認されていない。

 県は14年12月、山岳遭難時の安否確認などを目的に登山届の提出を義務付け、周知期間を経て北アルプスなどの一部の山の登山者に罰則(過料)規定を設けた。【岡正勝】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ イチロー、日本球界に復帰も 公式サイト伝える
  2. アザラシ 「なぜこんな所に」秋田・能代の川
  3. 傷害容疑 不必要に患者の歯削り損傷 歯科医師を逮捕
  4. 補助具 「片腕」で外出、諦めない 乳がん患者が開発
  5. 強盗 見せるため現金2千万円所持 被害者が証言 名古屋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]