登山届

未提出の男性に過料5万円 条例罰則初適用 岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岐阜県は6日、登山届を提出せず北アルプスを登山した男性1人に対し、県山岳遭難防止条例違反の疑いで過料5万円を科したと発表した。2016年12月に罰則規定を施行して以降、適用は初めて。

 県防災課によると、男性は3月上旬、岐阜・長野両県にまたがる西穂高岳(2909メートル)を登山届を出さずに登った。男…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

あわせて読みたい

ニュース特集