千葉県

戦争公文書500冊廃棄 戦没者名簿など

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
戦争関連資料などを内規に反して誤廃棄していた千葉県文書館=千葉市中央区で
戦争関連資料などを内規に反して誤廃棄していた千葉県文書館=千葉市中央区で

 千葉県が作成・保存する公文書を収集する県文書館が昨年、戦没者名簿や遺族台帳など第二次世界大戦の関係文書約500冊を廃棄していたことが学術団体などの調べで分かった。県は「『不要』と言い切れないものもあった」と落ち度を認めている。1952年度までに作成・取得した公文書を「歴史公文書」として文書館で保管するよう定める県の内規にも違反する運用だったという。

 県文書館は2016年3月までの1年間に所蔵公文書1万177冊を廃棄した。歴史的文書や記録の保存・活用などについて研究する「日本アーカイブズ学会」などが県に確認したところ、この中には戦没者遺族台帳、復員者名簿、県内から旧満州(現中国東北部)への移民団名簿などが含まれていた。

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1182文字)

あわせて読みたい

注目の特集