メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

大子・シャモゲタン すべて地場食材 ブランド地鶏鍋 /茨城

澄んだスープと引き締まったシャモの身をよそってくれる高安さん。その香りが食欲をそそった

 大子町特産のブランド地鶏「奥久慈シャモ」の身を使った鍋料理「シャモゲタン」がどうしても気になり、八溝山地にある大子町を訪れた。骨のダシがしみ込んだスープは上品なのに濃厚で、ショウガとニンニクのほのかな香りが食欲をそそる。

 町内で提供する六つの料理店や旅館の一つ、「だいこん」を訪ねた。新鮮なシャモの骨付き肉をメインに、乾燥リンゴにコシヒカリ、湯葉を土鍋に入れて煮込み、最後にクレソンを添える。すべて大子町産だ。味付けは塩だけ。じっくり育てた奥久慈シャモは身が引き締まり、煮崩れしにくい。

 シャモゲタンは、東京都内の奥久慈シャモ専門店「銀座バードランド」が2015年7月、町の依頼を受けて…

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文779文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです