メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇居東御苑

散策が人気 四季折々の自然魅力 昨年入園者数、過去最高 /東京

 四季折々の自然を楽しめる皇居東御苑(ぎょえん)の人気が高まっている。昨年の入園者数は145万5592人で、1968年に公開を始めて以来、最高を記録した。東御苑は天皇、皇后両陛下も散策される思い入れの深い場所。宮内庁は「皇室のお庭」のさらなる魅力発信のため、工夫を重ねている。【山田奈緒】

 東御苑にあたる場所は、江戸時代は城の本丸などが置かれていた。戦後に整備、公開され、現在は多種多様な植物や、カワセミなどの野鳥の観察も楽しめる。「果樹古品種園」などには両陛下が手植えした植物もある。古品種園は、江戸時代の品種を植えれば来園者が楽しめるのではないかという天皇陛下の発案で設けられた場所。宮内庁管理課は「豊かな自然に加え両陛下に…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文787文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです