メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

源内大賞

愛媛大院・内藤教授に 「伝導性有機物」開発 義肢開発、応用に期待 /愛媛

「私たちの研究テーマはさまざまな分野に貢献できる。さらに究めたい」と決意を新たにする内藤俊雄教授=松山市文京町の愛媛大で、松倉展人撮影

 愛媛大大学院の内藤俊雄教授(52)=環境機能科学=が、江戸時代の発明家・平賀源内にちなんだ「第24回源内大賞」を受賞した。本来は電流が流れず、磁場にも反応しない有機物に紫外線を当てるだけで瞬時に電気伝導性、磁性を示す物質を開発したことが評価された。金属に代わる低コストの半導体材料や、今までにない義肢の開発など、さまざまな応用が期待される。【松倉展人】

 同賞は、源内の故郷・香川県さぬき市にある「公益財団法人エレキテル尾崎財団」が毎年、電気、通信、情報…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文784文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです