メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

源内大賞

愛媛大院・内藤教授に 「伝導性有機物」開発 義肢開発、応用に期待 /愛媛

「私たちの研究テーマはさまざまな分野に貢献できる。さらに究めたい」と決意を新たにする内藤俊雄教授=松山市文京町の愛媛大で、松倉展人撮影

 愛媛大大学院の内藤俊雄教授(52)=環境機能科学=が、江戸時代の発明家・平賀源内にちなんだ「第24回源内大賞」を受賞した。本来は電流が流れず、磁場にも反応しない有機物に紫外線を当てるだけで瞬時に電気伝導性、磁性を示す物質を開発したことが評価された。金属に代わる低コストの半導体材料や、今までにない義肢の開発など、さまざまな応用が期待される。【松倉展人】

 同賞は、源内の故郷・香川県さぬき市にある「公益財団法人エレキテル尾崎財団」が毎年、電気、通信、情報…

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文784文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. 北朝鮮 地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]