メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それでもここに生きる

/4 熊本地震1年 フジ棚でおいしい酒 益城町寺迫・浅山洋一さん(70) /熊本

枝を剪定し、フジのつぼみが開くのを心待ちにしている

 趣味の庭の手入れを再開したのは2月末にくらい。それまで庭をいじる気にもなれんでした。素人ですけど、植木屋さんに頼まず脚立に上って自分でするんです。マキの剪定(せんてい)はあと3本残っている。3月以内に終わらせたかったけど、体がなかなか言うこときかん。

 25、26年前、木造2階建ての家を中古で買って、熊本市南区薄場町から引っ越してきました。地震で天井は全部雨漏りし、2階の壁から空も見えたよ。半壊認定を受けましたが、このくらいの被害で済んだと思わんとね。この家をどうするか一緒に住む次男家族とだいぶ悩んだけど、住めるなら良いと少しずつ業者に頼んで修理しました。

 昨年5月には胃に違和感があって病院に行ったら胃がんと言われ、すぐ出術でした。ポリープがまだ三つくら…

この記事は有料記事です。

残り482文字(全文813文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです