メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ステロイド外用剤を使わずにアトピー性皮膚炎を治療する佐藤美津子医師=堺市で

医師らが新臨床研究論文

 アトピー性皮膚炎の治療はステロイド外用剤を塗るのが標準的な治療法。大阪府の医師ら8人がステロイドを使用しなくても同程度の効果があるとの臨床研究結果を論文にまとめた。ステロイドを使いたくない親がいるだけに、改めて使用の是非に一石を投じる形だ。

 臨床研究をまとめたのは、佐藤小児科(堺市)の佐藤美津子医師や元国立名古屋病院の深谷元継医師ら8人。2015年、7医療施設でアトピー性皮膚炎の患者300人を対象に6カ月、ステロイド剤を使用せずに経過を観察し、使用前と後で症状がどう変化したかを調べた。

 患者は乳幼児(0~1歳)118人、小児(2~12歳)80人、思春期以降(13歳以上)102人の3群…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1546文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです