メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネットウオッチ

沈黙の安倍昭恵さん アッキー流、今こそ期待なのに?

 自由奔放な行動と発言が持ち味の安倍晋三首相の妻、昭恵さんが“沈黙”している。ほぼ毎日更新してきた「フェイスブック」(FB)の更新が止まって約2週間。語りたくないのか、語らせてもらえないのか。真相解明が求められる今だからこそ「自分の言葉でアッキー流」が期待されているのだけれど。【小国綾子】

 昭恵さんが最後にFBを更新したのは学校法人「森友学園」の籠池泰典前理事長が国会で証人喚問された3月23日。証言に対し「100万円の寄付金をお渡ししたことも、講演料を頂いたこともありません」と反論した。

 この反論文、昭恵さんらしくない。これまで(1)文頭で1字空けない(2)西暦を使う(3)数字は半角、のスタイルが多かったのに、反論文は1字空けて元号を使用、しかも数字は全角。「官僚の作文?」と臆測を呼ぶ。昭恵さんと昨年対談した東工大准教授で社会学者の西田亮介さんは「スキもソツもない文章。少なくとも専門家の助言を受けているのではないか」と見る。

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文1116文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです