米中首脳会談

「習近平氏、シリア攻撃に『理解示した』」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

ティラーソン米国務長官が記者会見で明かす

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)会川晴之、ニューヨーク國枝すみれ】ティラーソン米国務長官は7日、米中首脳会談後に記者会見した。トランプ大統領が6日夜の歓迎夕食会の最中に、習近平国家主席にシリア空爆の詳細な状況を説明し、習氏が攻撃に「理解を示した」ことを明かした。

 中国の最高指導者が外交交渉の場で相手国に非公式に伝えた見解が明らかになるのは異例で、外交儀礼に反するとして中国側が反発する可能性もある。

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文546文字)

あわせて読みたい

注目の特集