メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アマミトゲネズミ

固有種の絶滅防げ 人工繁殖計画 

埼玉県こども動物自然公園が人工繁殖に取り組んでいるアマミノトゲネズミ=同園提供

 埼玉県こども動物自然公園(東松山市)が鹿児島・奄美大島の固有種で絶滅が危惧される国の天然記念物「アマミトゲネズミ」の人工繁殖を目指している。生態がよく分かっておらず、飼育や繁殖に関する技術も確立されていないことから、手探り状態で取り組んでいる。【仲村隆】

 アマミトゲネズミは、沖縄県にいるオキナワトゲネズミなど日本に3種だけ生息するトゲネズミのうちの1種で、胴体が12~17センチ、体重約90グラムの中型のネズミ。すみかの原生林が開発されたり、ハブ対策で持ち込まれたマングースやネコに捕食されたりして激減し、環境省のレッドリストで「近い将来に…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文680文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  3. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末
  4. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  5. サウジ記者死亡 皇太子側近を更迭、故意は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです