山形・老舗書店

斎藤茂吉も愛した「郁文堂書店」復活

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
店内で談笑する(左から)追沼翼さん、原田伸子さん、芳賀耕介さん=山形市七日町の郁文堂書店で4日午後3時55分ごろ、二村祐士朗撮影
店内で談笑する(左から)追沼翼さん、原田伸子さん、芳賀耕介さん=山形市七日町の郁文堂書店で4日午後3時55分ごろ、二村祐士朗撮影

10年ぶり 地元大学生2人「地域のサロンよみがえらせる」

 歌人の斎藤茂吉ら文化人に愛された山形市の老舗書店が8日、10年ぶりに復活した。昭和初期の創業時から県内外の文化人らが集まったが、不況の波に閉店を余儀なくされた。亡くなった店主の妻に力を貸し、再出発を担ったのは地元の大学生2人。「地域のサロンをよみがえらせたい」と夢を語る。

 古ぼけた2階建て建物の1階で、シャッターがガラリと上げられた。8日に営業を再開した「郁文堂書店」。外壁の木板は新たに張り付けられたが、看板は往時のまま。変色していた内壁は手作業で磨き上げ、かつての輝きを取り戻した。

この記事は有料記事です。

残り605文字(全文878文字)

あわせて読みたい

注目の特集