メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ギャンブル依存症

自公が与党ワーキングチーム設置

 自民、公明両党は7日の与党政策責任者会議で、ギャンブル依存症対策の議員立法に向けた与党ワーキングチーム(WT)を設置した。自民党の中谷元前防衛相が座長に就く見通し。両党がそれぞれ3月末にまとめたギャンブル依存症対策の論点整理に基づき、法案を策定。今国会中の提出を目指す。

     自民党の茂木敏充政調会長は「両党の考えにそれほど違いはない」と語り、公明党の石田祝稔政調会長はカジノだけでなく、パチンコなどの依存症対策を幅広く検討する考えを示した。法案にはパチンコや既存の公営ギャンブルのほか、国内にカジノ施設が開業した際の依存症対策の必要性なども明記する方針。【高橋克哉】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
    2. 大阪・女性監禁 遺体発見 ヤミ民泊、名簿不要 不明女性、英語堪能
    3. 五輪スケート 高木菜が金で初代女王に マススタート
    4. 学校の今 忙しい先生たち/1 「何でも相談」に追われ 保護者対応が業務圧迫 /群馬
    5. 五輪フィギュア 羽生、宇野ら華麗な舞

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]