メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、シリア攻撃

「全責任はアサド大統領に」独仏首脳支持

 米軍がシリア西部の空軍基地を攻撃したことを受け、ドイツのメルケル首相は7日朝、オランド仏大統領と電話協議した。独政府によると、独仏首脳は「(米軍による攻撃という)結果を招いた全責任は、シリアのアサド大統領にある」との見解で一致。米国によるシリア攻撃を支持する考えを示した。

 独仏首脳は「アサド氏は何度も化学兵器を投入し、自国民に犯罪行為を繰り返した」と非難。「仏独は同盟国と協調し、国連の枠組みの中で、アサド氏に対し犯罪的行為の責任を取らせるため尽力する」との考えを表明し、国連主導によって真相究明の実現に取り組…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです