米中首脳会談

「まずは関係構築」主要課題の溝深く

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)林哲平、会川晴之】米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席は6日、米南部フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏の別荘「マララーゴ」で初めての首脳会談を開始した。トランプ氏は夕食会で「我々は非常に素晴らしい関係を築いていくだろう。とても楽しみだ」と語った。中国国営新華社通信によると、習氏も会談で「両国には良い関係を築く理由が無数にある。協力こそが両国の唯一の正しい選択だ」と述べ、両首脳は良好な関係構築を強調した。

 習氏はトランプ氏の年内の公式訪問を招請。トランプ氏はこれに応じて、「できるだけ早い時期」に実現したいとの考えを表明した。習氏はまた、外交・安全保障▽経済▽サイバー安全保障▽社会・文化--の4分野について、ハイレベルの対話協力のメカニズムを新設することを表明した。首脳会談は7日のワーキングランチまで続く。

この記事は有料記事です。

残り635文字(全文1014文字)

あわせて読みたい

注目の特集