メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米中首脳会談

「まずは関係構築」主要課題の溝深く

 【パームビーチ(米南部フロリダ州)林哲平、会川晴之】米国のトランプ大統領と中国の習近平国家主席は6日、米南部フロリダ州パームビーチにあるトランプ氏の別荘「マララーゴ」で初めての首脳会談を開始した。トランプ氏は夕食会で「我々は非常に素晴らしい関係を築いていくだろう。とても楽しみだ」と語った。中国国営新華社通信によると、習氏も会談で「両国には良い関係を築く理由が無数にある。協力こそが両国の唯一の正しい選択だ」と述べ、両首脳は良好な関係構築を強調した。

 習氏はトランプ氏の年内の公式訪問を招請。トランプ氏はこれに応じて、「できるだけ早い時期」に実現した…

この記事は有料記事です。

残り738文字(全文1014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

  4. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  5. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです