メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一夜の城

織田の高遠城攻め 一夜で築けず 教委調査で

今回発見された幅広の堀の跡。深く掘った後に広げた形跡が残り、一夜で掘られた可能性は低いという=長野県伊那市で2017年4月7日、宮坂一則撮影

 「一夜の城」は一夜では建たなかった--。長野県伊那市教育委員会は7日、戦国時代の1582年(天正10年)に織田信長の長男信忠による武田軍の高遠城攻めで一夜にして築かれ、陣を構えたと伝承がある「一夜の城」の発掘調査で、城の入り口にあたる虎口(こぐち)側で巨大な堀が見つかったと発表した。四方を堀で囲まれていたとし、一夜で築かれた城ではなかった可能性が強いという。

 一夜の城は「織田軍の兵士がこの辺りの農民の道具を借りて一晩のうちに築いた城」と伝えられている。調査した市教委文化振興課の濱慎一学芸員(40)は「(信長一代記の)『信長公記』や伝承から、この地に織田軍が陣を構えたのは否定できない」と語る。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 国勢調査用の個人情報紛失 大阪・泉南市が22世帯分 氏名や住所、世帯人数記載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです