沼田

現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2009年に発見されたとみられる金の延べ板。当時の時価で約300万円相当だった。持ち主は見つからなかった=群馬県警提供
2009年に発見されたとみられる金の延べ板。当時の時価で約300万円相当だった。持ち主は見つからなかった=群馬県警提供

 群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4日に、ごみの中から現金4251万円が見つかった。事件と関わりがあるのか、誤って捨てられたものなのか。実は、この場所、8年前にも300万円相当(当時)の金の延べ板が見つかったことがある。単なる偶然なのか。それとも--。地元ではさまざまな臆測が飛び交っている。【杉直樹】

 「あのお金は自分のものです」。大金が見つかった4日以降、群馬県警沼田署には、こんな電話や問い合わせが相次いでいるという。しかし、持ち主はまだ特定されていない。

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1097文字)

あわせて読みたい

注目の特集