メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沼田

現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

2009年に発見されたとみられる金の延べ板。当時の時価で約300万円相当だった。持ち主は見つからなかった=群馬県警提供

 群馬県沼田市の廃棄物収集運搬会社の敷地内で4日に、ごみの中から現金4251万円が見つかった。事件と関わりがあるのか、誤って捨てられたものなのか。実は、この場所、8年前にも300万円相当(当時)の金の延べ板が見つかったことがある。単なる偶然なのか。それとも--。地元ではさまざまな臆測が飛び交っている。【杉直樹】

 「あのお金は自分のものです」。大金が見つかった4日以降、群馬県警沼田署には、こんな電話や問い合わせ…

この記事は有料記事です。

残り891文字(全文1097文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  2. 欧州ニュースアラカルト サマータイム EUは廃止の是非を検討
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 2歳児保護 見つけた尾畠さん「ぼく、ここ」うれしかった
  5. 東大名誉教授 同性愛公表のキャンベルさん その動機は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです