メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特別展

海北友松の傑作「月下渓流図屏風」 京都に

 桃山時代の絵師、海北友松(1533~1615年)の晩年の最高傑作とされる「月下渓流図屏風」が約60年ぶりに米国から日本へ里帰りし、7日、京都国立博物館(京都市東山区)に展示された。11日に開幕する特別展覧会「海北友松」(毎日新聞社など主催)で一般公開される。

 友松は近江(滋賀県)の武家に生まれ、多彩な作品を残した。水墨画はほとばしる気迫が特徴だったが、晩年は詩情豊かな画風へと変化した。

 月下渓流図屏風は、1958年から米カンザスシティーにある「ネルソン・アトキンズ美術館」に所蔵されている。2双あり、大きさはいずれも縦約1.7メートル、横約3.5メートル。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風12号発生 今後の情報に注意呼びかけ 気象庁

  2. 神戸市立小学校でクラスターか 児童と教員ら計27人が感染 25日まで臨時休校

  3. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  4. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです