メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

広島

初勝利・加藤 九回1死までノーヒット・ノーラン

[PR]

 ○広島4-1ヤクルト●(マツダスタジアム・7日)

     プロ初登板初先発の広島・加藤が、ノーヒット・ノーランにあと一歩の快投で初勝利を手にした。偶然巡ってきたチャンスを生かしたルーキーが大仕事をやってのけた。

     昨季沢村賞のジョンソンが咽頭(いんとう)炎で登録を抹消され、急きょ回ってきた出番だった。一回を3者凡退に抑えると、二回以降は四球を与えながらも要所を抑えた。特にフォークは「思ったところに投げられた」と高低に投げ分け、150キロ前後の直球を引き立てた。

     今季、慶大からドラフト1位入団した加藤の好投に野手も応えた。菊池、田中の二遊間を中心に難しい打球も処理し、六回には捕手・石原が盗塁を阻止した。慶大時代に無安打無得点試合を経験している加藤は、「意識はしていなかったが、知ってはいた。いいプレーがたくさんあったので、あるのかもしれないと思った」。

     だが、無安打を続けてきた九回1死から山田に四球を与え、続くバレンティンに左前にはじき返された。「こんなもんか。そんなに甘くない」。結局1点を失い、降板した。

     1987年8月に元中日・近藤真一が達成して以来となるプロ初登板での無安打無得点試合を目前で逃し、プロ初完投もならなかったが、白星だけはつかんだ。「勝ててホッとした。次はヒットを打たれても四球を減らしたい」と加藤。早くも視線は次戦の登板に向いていた。【村社拓信】

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

    2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

    3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

    4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

    5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです