メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

線路はつづくよ/青森

東北の春 福島県 会津鉄道・芦ノ牧温泉駅 猫駅長「らぶ」が奮闘 /青森

笑顔と元気届ける2代目アイドル

 愛くるしい猫が働く駅として注目を集めるのが、福島県会津地方を縦断する会津鉄道の芦ノ牧温泉駅(会津若松市)だ。くるんと後ろ向きにカールした耳が特徴のアメリカンカール「らぶ」が、名誉駅長を務めている。茶色と白が交じった長毛、豊かで長い尾、鼻筋も通った血統書付きの美猫は、大勢のファンに愛されている。

 「らぶ」は3歳のオス。2015年12月、初代からバトンを受け継ぎ2代目の名誉駅長に就任した。勤務時…

この記事は有料記事です。

残り1107文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 台風20号、沖縄に接近 気象庁、注意呼び掛け

  4. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです