メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

花火大会

浪江に戻る 古里、春の夜空に300発 /福島

花火が夜空を照らすたび、大きな拍手と歓声が上がった=浪江町幾世橋の仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」で

 福島第1原発事故に伴う避難指示が3月末に一部で解除された浪江町で8日夜、「浪江町へおかえりなさい花火大会」が開かれた。町内での花火大会は事故後、初めて。町民らが7年ぶりに故郷の夜空を彩る春の花火300発を楽しんだ。

 町内の請戸川の川沿いには100本近い桜が植わり、事故前は毎年4月、町商工会などでつくる実行委が「請戸川リバーライン桜まつり」を開催していた。花火大会はメインイベントで、ライトアップされた夜桜と花火との競演を町内外の人が楽しみにしていた。

 7年ぶりの花火は、若手町民の有志グループが発案した。桜まつり自体は開催が見送られたが、「来年以降に…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです