メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新生朔太郎記念館

公開 小雨の中、ファン駆けつけ 前橋文学館の向かいに移築 「生家の土蔵活用を」 /群馬

桜が満開の広瀬川沿いに位置する萩原朔太郎記念館=前橋市千代田町3で

 前橋市出身で近代日本を代表する詩人、萩原朔太郎(1886~1942年)の記念館が同市の敷島公園ばら園内から前橋文学館向かいの広瀬川沿いに移築復元され、8日から一般公開が始まった。小雨が降る中、オープニングセレモニーには多くの朔太郎ファンが駆けつけた。【山本有紀】

 記念館では、朔太郎の生家の書斎、離れ座敷、土蔵の3カ所が公開されている。

 朔太郎の生家は前橋市北曲輪町(現千代田町2)にあった。みそ蔵だった部屋を1913(大正2)年に朔太…

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです