メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパスへ行こう!

跡見学園女子大・新座キャンパス 桜46種類、見ごろ長く 創立者・花蹊の絵や書もお勧め /埼玉

桜が咲き誇るキャンパスをゆったりと歩く学生たち。後方の校舎の1階には花蹊記念資料館がある=新座市の跡見学園女子大で

 埼玉県内には約50もの大学キャンパスがあり、桜の名所や美術館、音楽ホールなど無料で楽しめる貴重な場所が目白押し。なのに一部を除いて広くは知られておらず、地域住民や県民に有効活用されているとはとても言い難い。そこで毎日新聞さいたま支局は提案します。「みんなでキャンパスへ行こう!」【キャンパス取材班】

 両脇に四角い柱が立つだけの開放的な校門を過ぎると、右手の門衛所の優しそうな守衛さんが親切に声を掛けてくれる。「桜見学の受付はこちらですよ」。名前と住所を書き、渡された入校票をストラップで首から下げて「構内サクラガイド」を手にすれば、準備は完了。歩を進めるごとに「桜の園」が目の前に広がっていく。

 跡見学園女子大の新座キャンパス(新座市)には現在198本、46種類の桜があり、その多くが見ごろを迎…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1126文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです