メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大門商店街

ランタン通りに変身 人気復活へ点灯式 津・南通り /三重

ランタン点灯のスイッチを押す前葉泰幸市長(左端)と近沢正浩理事長(左から2人目)=津市大門商店街で

 津市中心部にある大門商店街の南通りが照明具「ランタン」をつるした「ランタン通り」の名称で生まれ変わり、点灯式が7日開かれた。衰退の一途をたどり空き店舗が目立つ商店街だが、ランタンの明かりとともに、かつてのにぎわいを取り戻せるか期待が寄せられている。

 大門商店街は1947年に設立された。当時は露天商が並んだが、56年に現在の店舗が入る建物が完成し、大勢の人でにぎわった。しかし、時代の流れと共に80年ごろから廃業する店が相次ぎ、大門商店街商業協同組合に加盟する68店のうち開業している店は25店だけ…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 福井でクマ2頭、襲われ3人けが 敦賀の北陸新幹線工事現場など 1頭は射殺

  5. NHK広島の差別的ツイート 朝鮮総連も人権救済申し立て「恐怖と精神的苦痛」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです