メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

1年 防災、小さな一歩から 学会がシンポ 地域に合った計画を /福岡

 地区防災計画学会(会長・室崎益輝神戸大名誉教授)は8日、城南区の福岡大でシンポジウム「熊本地震から1年を振り返って~熊本地震の教訓と地域防災力の在り方」を開催し、研究者や学生ら約150人が参加した。【山下俊輔】

「関連死対策 在り方考えて」

 熊本地震で「震災関連死」が160人を超えている現状について、室崎名誉教授は「過去の震災で関…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです