特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

囲碁・将棋スペシャル

将棋 森内九段、フリークラス宣言 数多くの思い出深い対局

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <森内俊之九段 名人戦特選棋譜>

 将棋界に衝撃が走った。森内俊之九段(46)がフリークラス宣言をしたのだ。定年の65歳まで指せるが、将棋界最高の舞台で戦うことはなくなった。今回は十八世名人の資格を得るまでの足跡をつづろう。森内は1970年生まれ、82年に奨励会に入会し、87年5月に16歳で四段に昇段する。順位戦で26連勝の新記録を打ち立てるなど無類の強さを見せ、わずか7期でA級に。そして初参加で7勝2敗、96年の名人戦の舞台に立つ。

 立ちはだかったのが奨励会同期のライバル羽生善治名人(当時)だった。七番勝負では好局をことごとく落とし、1勝4敗で敗れる。

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1360文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集