メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

磯田道史・評 『忍者の掟』『忍者の末裔』

 ◆『忍者の掟』=川上仁一・著

 (角川新書・972円)

 ◆『忍者の末裔』=高尾善希・著

 (角川書店・1836円)

歴史学のフロンティア 忍者研究

 忍者の研究はこれまで進んでいなかった。十年近く前に、私が、岡山藩の分限帳(ぶげんちょう)(藩士名簿)で伊賀者(忍び衆)の名前を割り出し、研究をはじめたときには先行研究が本当に少なかった。ところが、ここ数年、急速に進んでいる。

 五年ほど前までは、歴史学も忍者が実在するかで揺れていた。忍者を確固として実在するものとして研究するのではなく、むしろ、実態とはなれた虚像の「忍者イメージ」が近世社会に存在することに注目していた。忍者の虚像イメージが形成される姿を追った藤田和敏『<甲賀忍者>の実像』という研究も出ていて、これはこれで面白かった。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文2108文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです