メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中村桂子・評 『宮沢賢治の真実 修羅を生きた詩人』=今野勉・著

 (新潮社・2160円)

つきつけられたほんとうの賢治像

 宮沢賢治の作品はなぜか何かあった時に読みたくなる。最近で言うなら東日本大震災の後、全集を開いた。けれども、宮沢賢治という人に入り込むのは避けてきた。隣にいたらちょっと困った人なのではないかと勝手に思ってきたのである。そこへドカンとつきつけられたほんとうの賢治像(「ほんとう」は賢治の大切にしている言葉だ)に、なんとなく避けるなどと言っていてはいけないと思い知らされた。

 著者は長い間賢治と向き合い、すでに四人の賢治と出会ってきた。「生命の伝道者」、「農業を信じ、農業を愛し、農業に希望を託した人」、「野宿の人」、「誰にも理解できない言葉を使う人であり、子供のお絵描きのように詩を作る人」だ。充分な宮沢賢治像である。ところが、初めて読んだ文語詩の中に、別人のような賢治を見出すのである。

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです