メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『葬られた文部大臣、橋田邦彦 戦前・戦中の隠されてきた真実』=高橋琢磨・著

 (WAVE出版・2052円)

 橋田邦彦は東京帝大医学部教授、第一高等学校校長などを歴任した科学者であり、思想家である。科学教育の要諦とされる「科学する心」という成句は、橋田の著作に登場するのが、初めての用例だそうだ。

 もっとも今日、その名を知る者は少数であろう。近衛、東條両内閣の文部大臣を務め、A級戦犯とされた。そして逮捕を拒むように自ら命を絶ったことで、歴史の表舞台から…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文470文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです