メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>コレクション2…』=ジュール・ヴェルヌ著

 ◆『ジュール・ヴェルヌ<驚異の旅>コレクション2 地球から月へ 月を回って 上も下もなく』

無鉄砲な面々の冒険

 (インスクリプト・6264円)

 ジュール・ヴェルヌと言えば、『十五少年漂流記』『八十日間世界一周』『海底二万里』などで知られる十九世紀フランスの作家だが、豊富な挿絵入りの版や少年少女向けの短縮版の影響もあるのだろう、同時代を生きたバルザックやゾラほどには、文学的な評価がなされてこなかった。しかし、ヴェルヌにも彼らの仕事に匹敵する<驚異の旅>と名付けられた作品群があり、興趣あふれる冒険小説的な枠組、百科全書的な知に裏打ちされた細部の描写、筋書きからはみ出す勢いで展開される科学的な議論の光彩によって、二度、三度の読み返しではとても回りきれない、広大な世界を示してくれている。

 本書はその旅の端緒となった『地球から月へ』(一八六五)、『月を回って』(六九)の連作と、二十年後に…

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1475文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕
  2. ロシア プーチン大統領「70年も足踏み」日本と相いれず
  3. 埼玉・和光市 高齢男女が死傷、殺人容疑で捜査
  4. 殺人事件 高齢夫婦死傷、孫の中学生確保 埼玉
  5. ORICON NEWS “空気を読まない”コメンテーター古市憲寿、なぜ重宝? “炎上に対する無関心さ”が背景に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです