メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『葛原妙子と齋藤史 『朱霊』と『ひたくれなゐ』』=寺島博子・著

 (六花書林・2700円)

 葛原妙子(くずはらたえこ)(一九〇七-一九八五)と齋藤史(ふみ)(一九〇九-二〇〇二)は個性際立つ作品で、短歌の歴史を彩った。妙子の『朱霊』、史の『ひたくれなゐ』という、それぞれ到達点を示す六〇代の歌集に注目。「聖母とヴィナス」「廃墟(はいきょ)」「鳥と人物」「朱とむらさき」「テレビにみる影響」「安らぎの深層」などの視角で歌を比較、考察するユニークな一冊。「犀利(さいり)な感覚によっ…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文519文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです