メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第75期名人戦A級順位戦 渡辺明竜王-行方尚史八段 第40局の5

鮮やかな寄せ

 [先]4二銀打には、渡辺の深い読みが入っていた。[後]2二玉は[先]3三歩成から詰みなので、[先]4二銀打には[後]同金しかないが、清算して[先]5五角が見事な攻防手になった。

 [後]3二玉にも[先]4七歩が、銀を取りながら飛車の横利きを通してうまい手順である。勝つ時には、作ったようなストーリーになっているものだ。

 [後]6八歩と王手をしてから、行方は5分考えて力なく[後]4四歩と突いた。渡辺は気持ちよく[先]4…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文709文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 瀬古氏、MGC3位の大迫にファイナルチャレンジ回避の勧め

  2. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです