メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

「熊本」後、13万回 九州で1年間、前年比22倍 気象研

 震度7を2回記録するなど大きな被害が出た昨年4月の熊本地震の発生から今年3月末までの約1年間に、同地震の活動域を中心に九州で、揺れを感じないものも含めた地震が約13万回発生していたことが、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)の調べで分かった。大部分は余震で、熊本地震発生前の1年間(2015年4月~16年3月)に九州で起きた約6000回の約22倍。15年に全国で起きた約12万回も上回った。

 熊本地震で震源となった布田川(ふたがわ)断層帯と日奈久(ひなぐ)断層帯に沿う形で発生していたほか、…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文568文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 福浦2000安打 美しい打撃、スカウトがほれた

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです